SECURITY セキュリティ

かけがえのない「安心」を守る、Brilliaトリプルセキュリティ

幾重にも守る安心。Brilliaのトリプルセキュリティ

敷地や建物といった外構部を網羅する1stセキュリティ、エントランスをはじめ共用部各所を見守る2ndセキュリティ、そして各住戸の玄関や開口部を守る3rdセキュリティと、3つのソーンに、さまざまな工夫と設備が投入されています。国土交通省・自治体や警察庁が示した条例・指針の上に独自のガイドラインを設定する「Brillia」シリーズならではのセキュリティ体制となっています。

1st.ガード 外構部セキュリティ

境界フェンス

外部からの侵入を防ぐために、設置した境界フェンスについてはすべて高さ約2mが確保されています。(一部)

剣先フェンス

境界フェンスの先端を剣先状にデザインすることで防犯性をより高め、格調高い美観も実現されています。(一部)

電動シャッターゲート

駐車場の入口と出口には、リモコン式の電動シャッターゲートが設置されています。敷地への侵入を防ぎ、マイカーの安心が守られています。
※時間帯により開放される場合があります。

ファーストオートロック

来訪者を各住戸から画像と音声で確認後、解錠するオートロックシステムが採用されています。
ファーストオートロックは、風除室ドアに設置されています。

2nd.ガード 共用部セキュリティ

防犯カメラ

共用部の各所やエレベータ内などに、20台以上の防犯カメラが設置されています。
設置場所によりカメラの形状や種類が変えられています。

4画面TVモニター

防犯カメラのリアルタイムの画像を居住者の方々が確認できるように映し出す、抑止用の4画面TVモニターが2ヶ所に設置されています。

セカンドオートロック

グランドロビーからエレベーターホールに向かう箇所に、2つ目のオートロックが設置されています。

24時間遠隔管理システム

災害やエレベーターの故障、火災などの異常が発生した場合には、管理事務室や警備会社に自動通報される24時間セキュリティシステムが採用されています。
管理会社や警備会社の速やかな対応体制を常時整えた安心のシステムとなっています。

3rd.ガード 専有部セキュリティ

「CP認定」ドア

基本性能、耐破壊性能、耐ピッキング性能など、総合的な防犯対策を行っている玄関ドアに対してのみ表示が認められる「CP認定」が取得されています。対ドリル用の部材を内包し、電気ドリルを使っても穴が容易にあかない堅牢な構造とされています。

玄関センサー

全戸の玄関ドアにマグネットタイプの防犯センサーが設置されています。

キャップ付ドアアイ

外部への光漏れを防ぎ、在宅確認を防止するドアアイカバーが採用されています。ドアアイは廻り防止付になっています。

耐震ドアガード

地震時にドアが開かなくなることを防ぐドアガード

本締錠

下部ロックは、
●耐ピッキング性能・・・10分以上
●耐鍵穴壊し性能・・・10分以上
●耐サムターン回し性能・・・あり
●耐こじ破り性能・・・あり
●耐カム送り解錠性能・・・あり
等の性能を持った、CP錠が採用されています。

サムターン回し防止機能

室外から機具等でサムターンを回そうとする不正解錠を防止する、クラッチボタン式が採用されています。

鎌型デッド錠

施錠時にデッド錠がドアをロックし、バール等での外部からのこじ開けを防ぎます。

ディンプルキー

複製が極めて困難で防犯性に優れたリバーシブルディンプルキーが採用されています。

開口部セキュリティ

防犯窓センサー

窓には外部からの不審侵入を感知して警報を発する防犯センサーが設置されています。
※リバーコート1階・20階住戸、パークコート2階・18階住戸の面格子のない開口部のみ(FIXガラス除く)。

サブロック

サッシュにはワンタッチ式のサブロックを装備し、防犯性が二重に高められています。

可動ルーバー面格子

共用廊下に面した窓には、採光・通風を確保しながら防犯性を高める可動ルーバー式の面格子が採用されています。

FIXガラスタテ格子

共用廊下に面した開閉しないFIXガラスについても破壊による不正侵入備え、タテ格子が設置されています。
※上記の画像は竣工時等の画像となります。
※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。